「プロメテオ・トイズ」は、主にヨーロッパを拠点とするコレクターと日本との架け橋を目指した、2008年に設立された「トイズタワー」を刷新した会社です。 長年にわたり、主に日本市場からのおもちゃ製品を直接日本から輸入しており、セカンダリーマーケット、及び入手困難なアイテムのオンデマンド購入に焦点を当てています。

プロメテオチームはアニメやマンガ文化の全てが大好きですが、特に『マジンガーZ』『グレートマジンガー』『グレンダイザー』『鋼鉄ジーグ』など、 子供の頃から魅了され続けている巨大ロボットシリーズに力を注いでいます。「トイズタワー」はまさに、「趣味をビジネスにしよう」と考えた情熱的な集団から生まれたものでした(なんと幸せな話でしょう!)。
おもちゃを集めながらビジネスを行う中で、コレクションに欠けていた「抜群のクオリティ」の品への願望が生まれ、 今度は制作に挑みたいという欲求が芽生えました。 その欲望はアイデアから、計画に変わり、そのあと懸念へと化していきました。
芋虫が蝶に変わっていくためには、計画の思い付きから実行まで、数年にわたる苦しみと努力が必要になりました。そして、ようやく「マジンカイザーSKLプロジェクト」を皆さまに楽しんでいただけるまでに至りました。 プロメテオチームはただ単にモデルを作りたかったのではなく、コレクターたちが常に望んで来た決定的なモデルを作りたかったのです。コレクターからコレクターへの贈り物です。

「マジンカイザーSKL」は我々の最初のモデルであり、このステージに到達するのは厳しかったとはいえ、なんとかその挑戦に立ち向かい、乗り越える事ができました。 もちろん、素晴らしいチームに恵まれたからこそ、実現できたものです。 Trombetta(バシリオ・トロンベッタ)氏、エンジニアリングと技術設計担当のDerek(デレク)氏、そして、素晴らしいペイント&技術的サポートを下さったモデル・カスタマイズ界のもう一人の大アーティスト、 「Zone of Hobbies」の Paolo Roma(パオロ・ローマ)氏に、 心より感謝申し上げます。
上述の通り、「マジンカイザーSKL」は最初のモデルですが、決してこれが最後ではありません。